元ソウゾウ代表取締役社長の原田大作氏タビナカ社プロダクト戦略顧問に就任

プロダクト戦略顧問として、元ソウゾウ代表取締役社長の原田大作氏が就任いたしました。

原田氏は2017年2月に株式会社メルカリに参画、新規事業開発を担う子会社、株式会社ソウゾウで機械学習を用いたAI査定付きブランドフリマ「メルカリ メゾンズ」等を担当、2018年4月からは代表取締役社長に就任し、経営の指揮を執ると共に、旅行関係サービスのメルトリップ(mertrip)の開発をリードしてきました。

タビナカ社は、累計7.4億円資金調達し中長期戦略としてプロダクト開発の強化や海外企業のM&Aの推進を計画しており、今回プロダクト戦略顧問として原田氏を迎え入れる事となりました。また開発チームの強化の為、エンジニア、デザイナー、PMなどの積極的な採用を予定しております。

原田氏からコメント

タビナカは難易度が高いと言われる旅行領域のスタートアップの中でも、大胆なビジョンと着実な実行力で急成長を実現しているチームです。タビナカが蓄積してきた貴重なデータと、それを活かすテクノロジーを活用することで、5G×IoT×AIの時代を見据えた急成長を実現させる手助けができれば幸いです。

原田氏プロフィール

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社等を経て、2011年にザワット株式会社を創業、フリマアプリをグローバル市場で展開。2017年2月、株式会社メルカリにM&Aにより参画。メルカリの新規事業を担う株式会社ソウゾウの執行役員を経て2018年4月ソウゾウ代表取締役社長に就任。現在はメルカリVPとして引き続き新規事業領域を担当。